第15回 思春期医療(Adolescent Medicine)

サンディエゴの地元日系紙「ゆうゆう」の2001年7月1日号に掲載。改訂を予定していますので今しばらくお待ちください。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 水曜日, 15 9月 2004

もっと読む

第115回 アメリカの医師 (Physicians in the United States)

   アメリカでは、医師は一般的に Doctor と呼ばれていますが、職業的には Physician という言葉を使います。Physician は医師全体を表しますが、狭義的に内科医だけを指す場合があります。その場合、外科系の医師を Surgeon として区別します。ただし、内科医を指す言葉として Internist があるので、Physician が内科医として使われる場合はごく限られています。    

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 月曜日, 24 5月 2010

もっと読む

第9回 細菌性膣炎(Bacterial vaginosis)

症状:匂いのあるおりもの、かゆみ 23才の女性Jさんは性的に活発で、最近新しいボーイフレンドができ、それと前後してある匂いのあるおりものが出るようになりました。Jさんはてっきりボーイフレンドから性病をうつされたと思って医師を受診したのですが、医師からは「細菌性膣炎」と診断され性病ではないと説明を受けました。結局抗生物質を7日間服用し、症状は完治しました。

気になる症状 | Ildong Kim | 金曜日, 15 10月 2004

もっと読む

第68回 抗生物質(抗菌剤)の話 (Antibiotics)

風邪に抗生物質は有効か 風邪を引くと、抗生物質をのむのが当然だと思っている人はいませんか?日本のあるテレビ局の行った実験では、風邪を引いたスタッフ40人を病院に行かせたところ、その8割の人が医師から抗生物質を処方されたということです。また、患者さんが小児の場合、親の方から医師に抗生物質の処方を頼むことが多いようです。日本から、渡米して来られる人の中にも、風邪薬と一緒に抗生物質を持参されて来られる方が多くおられます。このように、日本では風邪でよく処方される抗生物質ですが、風邪に抗生物質は効果があるのでしょうか。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 日曜日, 16 4月 2006

もっと読む

第43回 たばこの害

禁煙のすすめ―― 喫煙は薬物中毒という認識の必要性 肩身が狭くなる喫煙者  カリフォルニア州は他州に先駆けて公共の場での禁煙を行ないましたが、現在アメリカでは、喫煙のできる公共の場がどんどん少なくなってきています。それは日本でも同じで、禁煙宣言する病院や公共施設が増えてきています。数年前まで、飛行機に喫煙席があったのがウソのようです。アメリカでは喫煙率は1965年の42.4%から2001年の22.8%に落ちてきましたが、日本でも同様の傾向です。日本人男性の喫煙率は依然として先進国中のトップですが、1997年の52.7%から2001年の45.9%と減少傾向にあります。女性の方は10%の横ばいですが、先進国中最低の喫煙率です。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 金曜日, 1 10月 2004

もっと読む

第12回 更年期障害

サンディエゴの地元日系紙「ゆうゆう」の2001年4月1日号に掲載。改訂を予定していますので今しばらくお待ちください。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 水曜日, 15 9月 2004

もっと読む

第1回 医者の掛かり方

サンディエゴの地元日系紙「ゆうゆう」の2000年5月1日号に記載。改訂を予定していますので、今しばらくお待ちください。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | TUSEDAY, 14 9月 2004

もっと読む

第29回 バルトリン(腺)膿瘍 (Bartholin’s abscess)

症状:外陰部の腫れ、痛み 25才のIさんは、外陰部の腫れを感じていましたが、痛くもないので無視をしていました。とこれが3日前から痛みが起こり、坐っているのも辛くなり、近くの婦人科を受診しました。バルトリン膿瘍と言われ、すぐに小さなチューブを挿入されました。

気になる症状 | Ildong Kim | 日曜日, 3 4月 2005

もっと読む

第92回 心肺蘇生術 =大人編= (Cardiopulmonary Resuscitation = CPR)

突然死のうち、心臓突然死(sudden cardiac death = SCD)の割合が、アメリカでも日本でも約半数を占めます。アメリカでは年間約25万人の人が、日本では約5万人の人がこの心臓突然死で亡くなられています。この半数以上の人が、CPR (心肺蘇生術)や除細動を、心停止してすぐ開始すれば救命できるのではないかと考えられています。多くの市民がCPRの仕方を知ることと、AED(Automated External Defibrillator 自動体外式除細動器)がどこでも利用できることが、心臓突然死の救命に非常に重要だということが、日米を始め、世界的にも認識されるようになってきました。今回は、2005年に改訂された米国心臓協会のCPRプロトコールに沿って、CPRのやり方を説明します。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 木曜日, 2 10月 2008

もっと読む

第93回 心肺蘇生術 =小児編= (Cardiopulmonary Resuscitation=CPR)

今回は、前回のCPR (大人編) に続き、その小児編を米国心臓協会の心肺蘇生術 (CPR) のプロトコールに沿って解説します。小児の場合、目撃者あるいは発見者によるCPRが大人以上に効果的で、特に呼吸停止による心肺停止の蘇生率は高いのですが、心肺停止の小児のうち半数以上は救急隊の到着までにCPRを受けずにいます。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 木曜日, 2 10月 2008

もっと読む

第103回 胃食道逆流症(Gastroesophageal reflux disease= GERD)

胃食道逆流症は、胃酸を含む胃の内容物が食道に逆流することによって起こる病気ですが、胸やけ以外にも多くの症状を起こし、最近では喘息 (ぜんそく) や慢性の咳の原因としても理解されています。  

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 日曜日, 29 3月 2009

もっと読む

第71回 無月経 (Amenorrhea)

無月経は、原発性無月経と続発性無月経に区別されますが、原発性無月経は16才まで初潮が起こらない場合。続発性無月経は、初潮は普通に起こっているのに、その後、3~6カ月以上月経が停止してしまった状態をいいます。今回は、この続発性無月経症について説明します

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 木曜日, 1 6月 2006

もっと読む

第91回 性器HPV感染症とHPVワクチン (Genital HPV infection and HPV vaccine)

性器HPV感染症(*注)は、以前このコラムの「性感染症」の記事でも説明したことがあるように、性行為で感染します。アメリカでは現在、2000万人程度の人がHPVに感染していると推定されています。毎年600万人以上の男女が感染しますが、その大半はティーンエージャーと20代前半の若者です。50歳までに女性が性器HPV感染症にかかる確率は8割以上です。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 木曜日, 2 10月 2008

もっと読む

第56回 運動誘発性喘息(Exercise-induced athma)

症状:運動時の咳、息切れ、胸痛、過度の疲労   7才のY君は、運動が苦手です。体育の授業で長距離走があると、いつも途中で苦しくなって歩き始めます。ある日、放課後友人とサッカーをして遊んでいる時に急に胸痛を訴え、小児科を受診しました。いろいろな検査の結果、Y君の症状は、運動誘発性喘息によるもので、運動が苦手なのもこの病気の結果であることが分かりました。

気になる症状 | Ildong Kim | 日曜日, 13 1月 2008

もっと読む

第63回 膝の痛み (Knee pain) =運動およびスポーツ外傷によるもの=

膝の痛みは、内科医や家庭医を受診する筋骨格系の病気のうち3分の1を占めると言われるほど頻度の高い訴えです。特に、スポーツや運動を行っている人の半分以上が何らかの膝の痛みを訴えると言われています。軽い膝の痛みは、膝の使いすぎ、スポーツを行う際の準備運動や整理運動の不足が原因になっています。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 日曜日, 2 10月 2005

もっと読む

MORE_IN: 医療相談室, 気になる症状, アメリカ医学生の体験談, アメリカ健康ノート, 診察室, Medical Student Life

100%
-
+
3
Show options
Move
Display 0 | 5 | 10 | 15 Stories

医学教育

Topics
Top Story

US Medical School: Timeline

Outline of US Medical Education First, a quick summary. Total time from high school graduation to residency completion: 4 years college + 4 years medical school + 3-5 years residency = 11-13 year...

死体解剖

死体解剖

今週は、とてもたくさんの事について、勉強しました。医学を学ぶことは、よく、「消火用ホースから、水を飲むことのようだ」と言われています。今までは、その意味が良くわかりませんでしたが、医大で勉強を始めて、新しい情報がどんどん出てくるので、ちょっとその意味を理解できるようになった気がしました。...

医学選択科目

UCSFには、必修科目に加えて、医学と芸術、ホームレス健康問題、黒人健康管理の格差、小児科問題、中国語医学用語など、いろいろな選択科目があります。 私は、「アジア人の健康と医学」と「クリエイティブ(創造的な)ライティング」の2つの選択科目をとることにしました。今日は、「クリエイティブ(創造的な)ライティング」の授業について、書きたいと思います。 ...

新入生向けのオリエンテーション

...

医大に入る前

はじめまして。ジェイといいます。私は日本で二年間過ごしたので、日本語が話せるようになりました。うまくはないけれど、頑張って、日本語でこの記事を書いてみます。 ...

中間試験

Preceptorship: Learning in the Community Setting

Introuduction: An American Medical Student

Blocks: An Integrated Approach to Learning Medicine

Intensive Care Unit

集中治療室

轢かれた

Move
Display 0 | 5 | 10 | 15 Stories

医療室

Topics
Top Story

その3 エッチドクター? =思春期医療=

その3 エッチドクター? =思春期医療=

アメリカでは思春期医療というのが、小児科の中で独立した領域として存在します。従って、小児科の研修を受ける人は、思春期医療の研修も行います。避妊の仕方や、ドラッグの体に対する悪影響、思春期特有の問題について研修をします。特にアメリカではドラッグに手を出す高校生が3割以上いるので、ドラッグに関する知識は小児科医としては必須です。...