第62回 女性の慢性骨盤痛症候群(Chronic Pelvic Pain Syndrome )

症状:6ヶ月以上続く下腹部の痛み    36才のWさんは、半年以上も前から、下腹部の痛みが続き、婦人科や内科を受診し、様々な検査をしてきましたが原因がわからず、気分の落ち込みが増してきました。抗炎症鎮痛薬を服用し、カウンセリングを受け、積極的に運動をすることによって、最近やっと痛みが軽減してきました。

気になる症状 | Ildong Kim | 日曜日, 29 3月 2009

もっと読む

第99回 脳卒中 (Stroke)

アメリカでは毎年約80万人が脳卒中になり、15万人の方が亡くなっています。すなわち、40秒に1人が脳卒中になり、3〜4分に1人亡くなっていることになります。日本で脳卒中になる人は人口比ではアメリカよりも多く、年間13万人の方が亡くなっています (第3位の死因)。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 日曜日, 29 3月 2009

もっと読む

第15回 甲状腺機能低下症 (hypothyroidism)

症状:疲れやすい、元気が出ない、寒さに弱い 35才の女性Jさんは1年程前から、疲れやすくなり、気分もふさぎがちになってきました。心配になって精神科医を受診、「軽いうつ病」と診断され抗うつ薬をしばらく服用していましたがあまり効果はありません。夫に薦められて、Jさんは近所の内科医を受診しました。内科医は、問診、診察の後で簡単な血液検査をし、その結果、甲状腺機能低下症であることが数日後に判明しました。

気になる症状 | Ildong Kim | 金曜日, 15 10月 2004

もっと読む

第12回 更年期障害

サンディエゴの地元日系紙「ゆうゆう」の2001年4月1日号に掲載。改訂を予定していますので今しばらくお待ちください。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 水曜日, 15 9月 2004

もっと読む

第28回 痛風 (Gout)

症状:関節痛、関節の腫れ、発熱 43才のLさんは、ゴルフのコンペに出場し、打ち上げでビールを3缶飲みました。翌朝、右足の親指の付け根が赤く腫れ、激痛が始まりました。内科医を受診したところ、痛風の可能性があるということで、関節液検査と血液検査を受け、抗炎症鎮痛薬を処方されました。

気になる症状 | Ildong Kim | 木曜日, 17 2月 2005

もっと読む

第10回 腸重積(Intussusception)

症状:間歇的腹痛、嘔吐、血性の下痢 生後10ヶ月のIちゃんは夜になって急に激しく泣き始めました。しばらくすると何事もなかったかのように泣き止むのですが、30分もたたないうちにまた激しく泣き始めます。その夜は何回も激しく泣いたのですが、1回泣く度に30分から1時間程度泣かない時間が続くのです。嘔吐と下痢も起こり、翌朝になると、血のまざった下痢も出るようになったのですぐ小児科に連絡を取りました。

気になる症状 | Ildong Kim | 金曜日, 15 10月 2004

もっと読む

第40回 炎症性腸疾患 (Inflammatory Bowel Disease = IBD)

症状:下痢、腹痛、発熱、体重減少、貧血 24才のJさんは、ここ数ヶ月間、右下腹部の痛みと下痢が続くようになり、食欲も減退し、体重も数キロ減少してきました。内科医を受診し、血液検査を受けたところ、貧血があり、炎症を示す検査も高値を示したので、炎症性腸疾患が疑われ、胃腸科の専門医を紹介されました。

気になる症状 | Ildong Kim | 日曜日, 16 4月 2006

もっと読む

その2 「私も」病 =ついつい自分の話をだしてしまうドクター=

私は、いいのか悪いのかわからないのですが、患者さんに同情するあまり、「同病相哀れむ」の精神で、私の経験談をついつい話ししてしまうことがあります。「実は私も、 ‐‐‐なんです。」と。高血圧や喘息を始め、比較的頻度の高い病気になったことがあるので、私の経験談を語る機会も多いのです。「私も‐‐‐。」とドクターが自分の経験談を語ることが、患者さんとのコミュニケーションを図る上で実際、どの程度効果があるのかはなはだ疑問ですが、私の場合、一応それで、患者さんとのコミュニケーションを円滑に図ろうとか、病気に対する理解を深めてもらおうとか、と言う意図が無意識下にあるのです(本当かな?)。問題は、よく脱線してしまうことなのです。

診察室 | Ildong Kim | 木曜日, 9 9月 2004

もっと読む

第4回 アメリカの予防接種

サンディエゴの地元日系紙「ゆうゆう」の2000年8月1日号に掲載。改訂を予定していますので今しばらくお待ちください。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 水曜日, 15 9月 2004

もっと読む

第91回 性器HPV感染症とHPVワクチン (Genital HPV infection and HPV vaccine)

性器HPV感染症(*注)は、以前このコラムの「性感染症」の記事でも説明したことがあるように、性行為で感染します。アメリカでは現在、2000万人程度の人がHPVに感染していると推定されています。毎年600万人以上の男女が感染しますが、その大半はティーンエージャーと20代前半の若者です。50歳までに女性が性器HPV感染症にかかる確率は8割以上です。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 木曜日, 2 10月 2008

もっと読む

第55回 急性前立腺炎 (Acute Prostatitis

症状: 陰茎の付け根辺りの痛みや不快感、排尿痛、射精痛     45才のEさんは、最近陰茎の付け根あたりの不快感と排尿時の熱感があり、更に精子に血が混ざるようになったので、家庭医を受診しました。尿検査と、直腸診を行なった医師は、前立腺炎と診断し、抗生物質を4週間処方しました。   

気になる症状 | Ildong Kim | 日曜日, 13 1月 2008

もっと読む

第24回 頭痛 (Headache)

頭痛で受診される患者さんの数は多く、長年片頭痛を患っている方から、激しい頭痛でクモ膜下出血を疑っている方まで、その受診理由は様々です。頭痛は原因によって片頭痛、緊張性頭痛、群発性頭痛、クモ膜下出血、脳内出血、脳腫瘍、髄膜炎、うつ病、頭部外傷、頚椎硬直性脊椎炎、副鼻腔炎、高血圧、顎関節症等々に分けられますが、目の病気や歯の病気でも、頭痛が起こることがあります。東京在住の中近東出身のA氏は、頭痛が続き、日本の病院をいくつも受診したのですが原因がわからず、結局、アメリカのトップレベルの病院であるメイヨークリニックにまで行きました。そこで言われたのは、眼鏡が合っていない、ということだけで、眼鏡を変えたら頭痛はうそのように治ったという、話もあります。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | TUSEDAY, 28 9月 2004

もっと読む

第7回 SARS (重症急性呼吸器症候群)

症状:発熱、咳、息切れ 今回は、世界を震撼させているSARS(Sever Acute Respiratory Syndrome = 重症急性呼吸器症候群)について説明します。 SARSの感染はSARS感染者の咳、くしゃみによる飛沫物か体液又は、それらの付いた物に触れるか、直接感染者の肌等に触れることによって、SARSウィルスが鼻、口、目などから体内に入ることによって起こりますが、感染すると2-7日の潜伏期間を経てまず発熱します。発熱は摂氏38度か華氏100.4度以上で、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛、食欲不振、発疹、下痢などの症状が伴うことがあります。痰の伴わない咳、息切れ、呼吸苦などの呼吸器症状は発熱後2-7日して起こることが多いようですが、発熱とともに最初から出る例もあるようです。呼吸器症状が出現すると1-2割の人は、人工呼吸器が必要になる程急激に悪化していきます。

気になる症状 | Ildong Kim | 金曜日, 15 10月 2004

もっと読む

第95回 夜尿症 (Bedwetting= nocturnal enuresis)

夜尿症は子供に一般的な疾患ですが、子供に与える精神的影響は大きく、自信喪失、不安、心配などの原因になります。また、親への精神的・肉体的負担も多大で、そのために夜尿症が子供の虐待につながることもあります。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 木曜日, 2 10月 2008

もっと読む

第53回 顎関節症 (TMJ = Temporomandibular joint disorder)

症状:あごの痛み、口を開けるとあごに音がする、口が大きく開けられない    26才の女性Jさんは、3週間前より食事中にあごが痛み、また口が大きく開けられなくなり、口をあけるとクリック音がするようになりました。医師より、頬の筋肉のマッサージ、かたい食べ物・チュ-インガムを避ける、抗炎症鎮痛薬の服用を勧められ、症状は短期間で軽快しました。

気になる症状 | Ildong Kim | 日曜日, 24 6月 2007

もっと読む

MORE_IN: 医療相談室, 気になる症状, アメリカ医学生の体験談, アメリカ健康ノート, 診察室, Medical Student Life

100%
-
+
3
Show options
Move
Display 0 | 5 | 10 | 15 Stories

ヘルス

Topics
Top Story

第85回 腹痛 (Abdominal pain)

...

第75回 卵巣嚢胞(嚢腫)(Ovarian cysts)

卵巣嚢(のう)胞は、卵巣にできる水様や半固形状の液体が入った袋状のものを指しますが、卵巣嚢腫とも呼ばれています。卵巣嚢胞のほとんどが機能性または生理的嚢胞で、良性で排卵に伴って形成され、症状もなく、外科的手術の対象にもなりません。...

第43回 肋軟骨炎 (Costochondritis)

症状:上半身の動き、深呼吸で強まる胸痛...

第63回 膝の痛み (Knee pain) =運動およびスポーツ外傷によるもの=

膝の痛みは、内科医や家庭医を受診する筋骨格系の病気のうち3分の1を占めると言われるほど頻度の高い訴えです。特に、スポーツや運動を行っている人の半分以上が何らかの膝の痛みを訴えると言われています。軽い膝の痛みは、膝の使いすぎ、スポーツを行う際の準備運動や整理運動の不足が原因になっています。...

第87回 腹壁痛 (Abdominal wall pain)

第54回 副鼻腔炎 (Sinusitis)

第31回 子供の亀頭包皮炎 (Balanoposthitis)

第96回 幼児のしつけ (Discipline)

第81回 胸痛 (Chest Pain)

第108回 トコジラミ (俗称-南京虫 Bedbug)

第29回 バルトリン(腺)膿瘍 (Bartholin’s abscess)

第47回 蜂窩織炎 (Cellulitis)

第60回 血尿(Hematuria)

第117回 過敏性腸症候群 (Irritable Bowel Syndrome = IBS)

Move
Display 0 | 5 | 10 | 15 Stories

医学教育

Topics
Top Story

死体解剖

死体解剖

今週は、とてもたくさんの事について、勉強しました。医学を学ぶことは、よく、「消火用ホースから、水を飲むことのようだ」と言われています。今までは、その意味が良くわかりませんでしたが、医大で勉強を始めて、新しい情報がどんどん出てくるので、ちょっとその意味を理解できるようになった気がしました。...

US Medical School: Timeline

Outline of US Medical Education First, a quick summary. Total time from high school graduation to residency completion: 4 years college + 4 years medical school + 3-5 years residency = 11-13 year...

医学選択科目

UCSFには、必修科目に加えて、医学と芸術、ホームレス健康問題、黒人健康管理の格差、小児科問題、中国語医学用語など、いろいろな選択科目があります。 私は、「アジア人の健康と医学」と「クリエイティブ(創造的な)ライティング」の2つの選択科目をとることにしました。今日は、「クリエイティブ(創造的な)ライティング」の授業について、書きたいと思います。 ...

新入生向けのオリエンテーション

...

医大に入る前

はじめまして。ジェイといいます。私は日本で二年間過ごしたので、日本語が話せるようになりました。うまくはないけれど、頑張って、日本語でこの記事を書いてみます。 ...

中間試験

Preceptorship: Learning in the Community Setting

Introuduction: An American Medical Student

Blocks: An Integrated Approach to Learning Medicine

Intensive Care Unit

轢かれた

集中治療室

Move
Display 0 | 5 | 10 | 15 Stories

医療室

Topics
Top Story

その3 エッチドクター? =思春期医療=

その3 エッチドクター? =思春期医療=

アメリカでは思春期医療というのが、小児科の中で独立した領域として存在します。従って、小児科の研修を受ける人は、思春期医療の研修も行います。避妊の仕方や、ドラッグの体に対する悪影響、思春期特有の問題について研修をします。特にアメリカではドラッグに手を出す高校生が3割以上いるので、ドラッグに関する知識は小児科医としては必須です。...

第7回 急性前立腺炎 (Acute Prostatitis)

質問:33才の男性で、肛門辺りの不快感と射精時に痛みがあり、医師を受診したところ、急性前立腺炎と言われました。急性前立腺炎とはどういう病気ですか?...

第6回 左半身の筋力の低下(Muscle weakness)

質問:55歳になる女性(Aさん)ですが、体の左半身の筋力が弱くてなってきています。原因として考えられるものは?

その6 耳垢君、君は包囲された

...

第1回 のどの痛み(sore throat)

質問:よく熱をだして、のどが痛くなりますがどんな病気が考えられますか? のどの痛みは非常に訴えの多い症状です。のどの痛みと言っても患者さんが訴える「のどの痛み」は、扁桃、咽頭、喉頭の痛みから、首の正面下部あたりまでの痛みが含まれることがありますが、ここでは、扁桃、咽頭及び喉頭の痛みに限っておきます。...

その7 胸痛はお父さんの愛情 =愛情も度を越すと病気を起こす=

第3回 虫刺され(Insect bites)

第5回 肛門周囲膿瘍(perianal abscess)

第2回 アレルギー(Allergic Rhinitis)

その8 渡米して驚く予防接種の数

その9 抗菌剤(抗生物質)は正義の味方か?

第4回 高脂血症 (Hyperlipidemia)

その4 脅かすドクター =成人病のコントロール=

その5 たとえ話 =醜いアヒルの子は白鳥?=

その10 家族のように思って治療を =これが良いドクターの条件?=