第100回「アメリカ健康ノート」連載100回を迎えるにあたって

「アメリカ健康ノート」の連載を始めて、もう8年以上になります。皆さんの暖かいご支援のお陰で、今回連載100回を迎えられたことは非常に光栄だと思っています。このコラムでは、アメリカでの健康保険や病気についての解説、あるいは医療の日米比較を行っていますが、これからも益々内容を充実し、平易な解説ができるように努めていく所存です。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 日曜日, 29 3月 2009

もっと読む

第37回 熱性けいれん (Febrile seizure)

症状:けいれん、発熱 1才3ヶ月のTちゃんは、朝から熱を出し、昼過ぎに、突然両手両足をぴくぴくさせ、両目が上の方に向いてしまい、おかあさんが、体を揺すっても、全然反応しなくなりました。心配したお母さんは、救急車を呼びましたが、救急車が到着する前に、Tちゃんのけいれんは止まりました。

気になる症状 | Ildong Kim | 水曜日, 21 12月 2005

もっと読む

第35回 前十字靱帯損傷 (ACL injury)

症状:膝の痛み、膝の腫れ 16才のX君は、放課後バスケットボール中、急に方向を変えた瞬間、右膝にパシッと何かが切れる音を感じました。帰宅後、膝の腫れと激しい痛みが起こってきました。翌日整形外科医を受診したところ、前十字靱帯 (Anterior cruciate ligament = ACL) 断裂と診断され。後日、関節鏡を使用した前十字靱帯再建術を受けることになりました。

気になる症状 | Ildong Kim | 日曜日, 6 11月 2005

もっと読む

第107回 骨粗しょう症(Osteoporosis)

   アメリカでも日本でも高齢化に伴い、骨粗しょう症の患者数は増えてきています。アメリカでは50歳以上の人約1000万人が骨粗しょう症、3400万人が骨粗しょう症の予備軍の範疇に入ります。骨粗しょう症の5人に4人が女性で、50歳以上の女性のうち2人に1人が、男性は4人に1人が生涯の間に骨粗しょう症による骨折を経験します。  

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 月曜日, 24 5月 2010

もっと読む

第32回 乳幼児の胃腸炎 (Gastroenteritis)

一昨年に登場して、副作用のためすぐ市場から回収されてしまったロタウィルスの予防接種についてはまだ記憶に新しいところですが、このロタウィルスというのは予防接種が必要とされるぐらい乳幼児にとってやっかいなウィルスなのです。冬、乳幼児に胃腸炎(嘔吐、吐き気、下痢、腹痛、熱などの症状を伴う)を起こす感染性の下痢の多くがこのロタウィルスによるものなのですが、中には入院治療が必要になる乳幼児もいます。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 木曜日, 30 9月 2004

もっと読む

第22回 肘内障(ちゅうないしょう)

症状:子供の手を引っ張った後、子供が腕を動かさない J君は3才の男の子。公園で歩いている時に転びそうになったので、横にいたお母さんがJ君の右腕を強く引っ張ったところ、その後J君は右腕を動かさなくなりました。骨折を心配したお母さんはJ君をかかりつけの小児科医に連れて行きました。話を聞き終えた小児科医は、J君の右腕をつかんで、回転させるように伸ばしたかと思うと、先程まで全然腕を動かそうとしなかったJ君がゆっくり右腕を動かし始めました。

気になる症状 | Ildong Kim | 水曜日, 20 10月 2004

もっと読む

集中治療室

病院の十一階だった。私たち医師団がベッドの周りに集まった。  すると、ちょっと後ろに背筋を伸ばすことができるベッドに患者が眠っているかのように見えた。集中治療室にいるにもかかわらず健康そうな、中年の男だった。  私たちは彼が生きているかどうかを判断するつもりだった。S先生はその男の目ぶたを開けて、ペンライトで光を当てた。 私たちはベッドに身を乗り出し、目の反応を探しながら、見詰めた。しかし、何もなかったのだ。 先生の勧めで、目に近いところまで近づいた。マークという研修医がタオルを患者の肩にかけた。それから、氷で冷やした水を注射器に吸い上げた。そうして右耳を洗浄した。 終わったら、また左耳で同じ手順を繰り返した。それでも、反応が全然なかった。人工呼吸器のチューブを喉で上下移動しても、患者が動かなかった。

アメリカ医学生の体験談 | Jay Starkey | 水曜日, 9 1月 2008

もっと読む

第20回 咳(Cough)

咳は、医師を受診する人の理由の中で最も多いものの一つですが、年齢、性別、職業、既往歴、たばこ歴等によって考えられる原因は異なってきます。例えば、5歳児で、1ヶ月も続く乾性の咳をしている場合、それは喘息によるものかもしれません。60歳で心臓の悪い人であれば、心不全・肺水腫の可能性もあります。中南米を旅して来たバックパッカーであれば、結核も考慮に入れないといけないでしょう。このように、咳の原因というのは人によって様々な可能性を考えないといけないのです。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 日曜日, 26 9月 2004

もっと読む

第75回 偽脳腫瘍 (Pseudotumor cerebri=PTC)

  症状: 頭痛、嘔気、複視     Tさんは、35歳の太り気味の女性です。2-3ヶ月前より拍動性の頭痛と嘔気が始まり、最近物が二重に見えてきました。近所の内科医を受診したところ、頭部MRIで異常がなかったものの、腰椎穿刺という検査の結果、髄液圧が上昇しているので偽脳腫瘍と診断されました。薬を処方されましたが、症状が改善しないので、何度か腰椎穿刺を受け髄液を取り除くことになっています。  

気になる症状 | Ildong Kim | 月曜日, 24 5月 2010

もっと読む

第3回 健康保険の話

サンディエゴの地元日系紙「ゆうゆう」の2000年7月1日号に掲載。改訂を予定していますので今しばらくお待ちください。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 水曜日, 15 9月 2004

もっと読む

第4回 アメリカの予防接種

サンディエゴの地元日系紙「ゆうゆう」の2000年8月1日号に掲載。改訂を予定していますので今しばらくお待ちください。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 水曜日, 15 9月 2004

もっと読む

第54回 副鼻腔炎 (Sinusitis)

副鼻腔炎という病名を聞いた事がありますか?英語ではSinusitisと呼ばれ、アメリカでは耳鼻咽喉科の医師だけではなく、内科医、家庭医、一般医、あるいは小児科医も使います。風邪を引いた後、前額や頬の痛みが続いたり、鼻詰まりや鼻水、微熱、咳が続く場合は、ひょっとしたらそれは副鼻腔炎の症状かもしれません。 副鼻腔炎は、アメリカでは、毎年3700万人もの人が少なくとも1回は罹っていると推測されているぐらい頻度の高い病気なのです。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 水曜日, 16 2月 2005

もっと読む

その4 脅かすドクター =成人病のコントロール=

「そんなことをしたら、お医者さんに言って、注射してもらいますよ。」としつけのつもりで、こんな脅しを子供にする親御さんがいますが、これは関心できない脅しです。私たち小児科医は子供との距離を縮めたいわけで、決して注射を脅しの道具に使う気はありません。それにアメリカでは実際に注射をするのはナースで、ドクターではないですから、この脅しそのものが通用しません。ドクターは子供のよき相談相手でなければならないのです。それに、力ずくで抑えたり、脅しを使って、子供から適切な情報を得ることはできないのです。

診察室 | Ildong Kim | TUSEDAY, 14 9月 2004

もっと読む

第21回 慢性疲労症候群(CFS = chronic fatigue syndrome)

症状:慢性的な疲れ、記憶力の低下、のどの痛み、筋肉痛 46歳のTさんは働き盛りで、毎日かなりの仕事をこなしていましたが、昨年より、疲れがひどく、いくつかの病院へ行き、様々な検査を受けましたが原因がわかりませんでした。筋肉痛や関節痛もあるのでリウマチ科の専門医も受診しましたが、「リューマチ科の病気ではない。」と言われただけです。知り合いに薦められて、ある内科医を受診、諸検査ののち、慢性疲労症候群の可能性があると言われ、抗不安薬を服用し、認知行動療法という精神療法を受け、その後徐々に快方に向かっていきました。

気になる症状 | Ildong Kim | 水曜日, 20 10月 2004

もっと読む

第62回 女性の慢性骨盤痛症候群(Chronic Pelvic Pain Syndrome )

症状:6ヶ月以上続く下腹部の痛み    36才のWさんは、半年以上も前から、下腹部の痛みが続き、婦人科や内科を受診し、様々な検査をしてきましたが原因がわからず、気分の落ち込みが増してきました。抗炎症鎮痛薬を服用し、カウンセリングを受け、積極的に運動をすることによって、最近やっと痛みが軽減してきました。

気になる症状 | Ildong Kim | 日曜日, 29 3月 2009

もっと読む

MORE_IN: 医療相談室, 気になる症状, アメリカ医学生の体験談, アメリカ健康ノート, 診察室, Medical Student Life

100%
-
+
3
Show options
Move
Display 0 | 5 | 10 | 15 Stories

ヘルス

Topics
Top Story

第85回 腹痛 (Abdominal pain)

...

第63回 膝の痛み (Knee pain) =運動およびスポーツ外傷によるもの=

膝の痛みは、内科医や家庭医を受診する筋骨格系の病気のうち3分の1を占めると言われるほど頻度の高い訴えです。特に、スポーツや運動を行っている人の半分以上が何らかの膝の痛みを訴えると言われています。軽い膝の痛みは、膝の使いすぎ、スポーツを行う際の準備運動や整理運動の不足が原因になっています。...

第43回 肋軟骨炎 (Costochondritis)

症状:上半身の動き、深呼吸で強まる胸痛...

第75回 卵巣嚢胞(嚢腫)(Ovarian cysts)

卵巣嚢(のう)胞は、卵巣にできる水様や半固形状の液体が入った袋状のものを指しますが、卵巣嚢腫とも呼ばれています。卵巣嚢胞のほとんどが機能性または生理的嚢胞で、良性で排卵に伴って形成され、症状もなく、外科的手術の対象にもなりません。...

第54回 副鼻腔炎 (Sinusitis)

第31回 子供の亀頭包皮炎 (Balanoposthitis)

第96回 幼児のしつけ (Discipline)

第87回 腹壁痛 (Abdominal wall pain)

第81回 胸痛 (Chest Pain)

第108回 トコジラミ (俗称-南京虫 Bedbug)

第29回 バルトリン(腺)膿瘍 (Bartholin’s abscess)

第60回 血尿(Hematuria)

第47回 蜂窩織炎 (Cellulitis)

第64回 肩の痛み(Shoulder pain)

Move
Display 0 | 5 | 10 | 15 Stories

医学教育

Topics
Top Story

死体解剖

死体解剖

今週は、とてもたくさんの事について、勉強しました。医学を学ぶことは、よく、「消火用ホースから、水を飲むことのようだ」と言われています。今までは、その意味が良くわかりませんでしたが、医大で勉強を始めて、新しい情報がどんどん出てくるので、ちょっとその意味を理解できるようになった気がしました。...

US Medical School: Timeline

Outline of US Medical Education First, a quick summary. Total time from high school graduation to residency completion: 4 years college + 4 years medical school + 3-5 years residency = 11-13 year...

医学選択科目

UCSFには、必修科目に加えて、医学と芸術、ホームレス健康問題、黒人健康管理の格差、小児科問題、中国語医学用語など、いろいろな選択科目があります。 私は、「アジア人の健康と医学」と「クリエイティブ(創造的な)ライティング」の2つの選択科目をとることにしました。今日は、「クリエイティブ(創造的な)ライティング」の授業について、書きたいと思います。 ...

新入生向けのオリエンテーション

...

医大に入る前

はじめまして。ジェイといいます。私は日本で二年間過ごしたので、日本語が話せるようになりました。うまくはないけれど、頑張って、日本語でこの記事を書いてみます。 ...

中間試験

Blocks: An Integrated Approach to Learning Medicine

Introuduction: An American Medical Student

Preceptorship: Learning in the Community Setting

Intensive Care Unit

轢かれた

集中治療室

Move
Display 0 | 5 | 10 | 15 Stories

医療室

Topics
Top Story

その3 エッチドクター? =思春期医療=

その3 エッチドクター? =思春期医療=

アメリカでは思春期医療というのが、小児科の中で独立した領域として存在します。従って、小児科の研修を受ける人は、思春期医療の研修も行います。避妊の仕方や、ドラッグの体に対する悪影響、思春期特有の問題について研修をします。特にアメリカではドラッグに手を出す高校生が3割以上いるので、ドラッグに関する知識は小児科医としては必須です。...

第7回 急性前立腺炎 (Acute Prostatitis)

質問:33才の男性で、肛門辺りの不快感と射精時に痛みがあり、医師を受診したところ、急性前立腺炎と言われました。急性前立腺炎とはどういう病気ですか?...

第6回 左半身の筋力の低下(Muscle weakness)

質問:55歳になる女性(Aさん)ですが、体の左半身の筋力が弱くてなってきています。原因として考えられるものは?

その6 耳垢君、君は包囲された

...

第1回 のどの痛み(sore throat)

質問:よく熱をだして、のどが痛くなりますがどんな病気が考えられますか? のどの痛みは非常に訴えの多い症状です。のどの痛みと言っても患者さんが訴える「のどの痛み」は、扁桃、咽頭、喉頭の痛みから、首の正面下部あたりまでの痛みが含まれることがありますが、ここでは、扁桃、咽頭及び喉頭の痛みに限っておきます。...

第3回 虫刺され(Insect bites)

第5回 肛門周囲膿瘍(perianal abscess)

その7 胸痛はお父さんの愛情 =愛情も度を越すと病気を起こす=

第2回 アレルギー(Allergic Rhinitis)

その9 抗菌剤(抗生物質)は正義の味方か?

その8 渡米して驚く予防接種の数

第4回 高脂血症 (Hyperlipidemia)

その4 脅かすドクター =成人病のコントロール=

その5 たとえ話 =醜いアヒルの子は白鳥?=

その10 家族のように思って治療を =これが良いドクターの条件?=