医大に入る前

はじめまして。ジェイといいます。私は日本で二年間過ごしたので、日本語が話せるようになりました。うまくはないけれど、頑張って、日本語でこの記事を書いてみます。 日本がとても好きなので、いつか、日本語を使った仕事がしたいです。日本人の患者さんを診たり、日本人の研究者や医者と働けることを期待しています。 私は一週間後アメリカの医大に入学します。今から、とても楽しみです。アメリカの医大に入ることはとても難しいですが、何とか入ることが出来ました。また、University of California San Francisco (UCSF)はアメリカの医大の中のトップ10の中の1つなので、さらに難しいです。 医大での学生生活を楽しみにしている理由は、どれだけみんなの言うことが正しいかを、知りたいからです。例えば、「医学は死ぬほどつらい」とよく言われますが、本当にそうなのか、そんなに難しい学問なのか、実際に経験してみたいと思っています。

アメリカ医学生の体験談 | Jay Starkey | 木曜日, 26 8月 2004

もっと読む

第63回 ギランバレー症候群(Gullian-Barre syndrome)

症状: 筋力低下、筋肉痛、感覚麻痺    Pさんは、2週間前に風邪を引いた後、最近になって握力や足の筋力が低下し、筋肉痛も起こるようになりました。近医でギランバレー症候群を疑われ神経内科医に紹介されましたが、症状は徐々に悪化、呼吸苦も伴ってきたので3週間後にPさんは病院に入院。一時的に人工呼吸管理も行なわれましたが数ヶ月後には完全に回復するまでになりました。

気になる症状 | Ildong Kim | 日曜日, 29 3月 2009

もっと読む

新入生向けのオリエンテーション

今週の火曜日から金曜日まで、医大のオリエンテーションに参加しました。クラスメートと知り合うことがオリエンテーションの重要な部分でした。新入生は全員で141人です。彼らは、いろいろな経歴の持ち主です。たとえば、ある女の子は妊娠8ヶ月で、前にプロバレリーナをとして働いていました。ある男の子はビスネスマンとして成功していました。年齢層は20才から34才までです。男女の比率は、女性51%、男性49%です。ほとんどの人は今まで、研究、ボランティア活動、または長期間の海外旅行をしてきました。みんな、優しそうです。

アメリカ医学生の体験談 | Jay Starkey | 木曜日, 16 9月 2004

もっと読む

その6 耳垢君、君は包囲された

今日は5才の男の子K君の耳掃除。耳掃除といっても耳掻きでできるような簡単な耳掃除ではないのです。耳垢塞栓症といって、耳垢が外耳道にびっしり詰まって、耳掻き程度では、とても出てこないような頑固な耳垢を、ぬるま湯による耳洗浄で取ってやるのです。

診察室 | Ildong Kim | 日曜日, 3 4月 2005

もっと読む

第31回 子供の亀頭包皮炎 (Balanoposthitis)

症状: 亀頭と包皮の発赤、膿、排尿痛 4才のK君は、3日前からおちんちんの先端が赤く腫れ、黄色い膿が出てくるようになりました。ほぼ同時くらいに、排尿時に痛みで泣くようになり、K君はお父さんに連れられて小児科を受診しました。抗生物質のぬり薬を出され、K君のおちんちんは数日でよくなりました。

気になる症状 | Ildong Kim | 日曜日, 29 5月 2005

もっと読む

第5回 避妊とピル

サンディエゴの地元日系紙「ゆうゆう」の2000年9月1日号に掲載。改訂を予定していますので今しばらくお待ちください。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 水曜日, 15 9月 2004

もっと読む

死体解剖

今週は、とてもたくさんの事について、勉強しました。医学を学ぶことは、よく、「消火用ホースから、水を飲むことのようだ」と言われています。今までは、その意味が良くわかりませんでしたが、医大で勉強を始めて、新しい情報がどんどん出てくるので、ちょっとその意味を理解できるようになった気がしました。 今週は、初めて患者さんと会って、面談をしました。医師が患者さんに、健康状態や今までの入院状況について、質問しました。良い経験だったと思います。UCSFの医学生は、早めに患者さんと会うことが出来ます。以前は、2年生にならないと、そのような経験は出来ませんでしたが、今は、1年生でも患者さんと会えます。

アメリカ医学生の体験談 | Jay Starkey | 土曜日, 25 9月 2004

もっと読む

第22回 肘内障(ちゅうないしょう)

症状:子供の手を引っ張った後、子供が腕を動かさない J君は3才の男の子。公園で歩いている時に転びそうになったので、横にいたお母さんがJ君の右腕を強く引っ張ったところ、その後J君は右腕を動かさなくなりました。骨折を心配したお母さんはJ君をかかりつけの小児科医に連れて行きました。話を聞き終えた小児科医は、J君の右腕をつかんで、回転させるように伸ばしたかと思うと、先程まで全然腕を動かそうとしなかったJ君がゆっくり右腕を動かし始めました。

気になる症状 | Ildong Kim | 水曜日, 20 10月 2004

もっと読む

第110回  乳児突然死症候群(Sudden infant death syndrome = SIDS)

   1980年代の後半、日本で赤ちゃんのうつ伏せ寝が流行 (はや) っていた時、アメリカではうつ伏せ寝が一因とされた乳児突然死症候群=SIDS=が問題になっていました。(丁度、私も生まれたばかりの長女をうつ伏せで寝かせていたので、驚きのニュースでした)   アメリカでのSIDSによる乳児の死亡数は、1980年年代には年平均5,000から6,000あったのが、アメリカ小児学会の仰向けキャンペーンなどで2000年以降は2,000程度に下がりました。1992年から1998年の間にうつ伏せ寝は全体の7割から2割に減少し、それにつれてSIDSは4割減少したのです。  日本では、SIDSによる乳児の死亡数はアメリカほど多いわけではありませんが、仰向け寝のキャンペーンによってSIDSの死亡数は減少しました。日本でのSIDSによる乳児の死亡数は2007年は158人で、1才未満の乳児の死亡原因の第3位になっています。因みに、アメリカでもSIDSは、1年未満の乳児の死亡原因の第3位です。  

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 月曜日, 24 5月 2010

もっと読む

第60回 血尿(Hematuria)

血尿は比較的よく認められる異常の一つですが、原因は激しい運動から腫瘍に至るまで、極めて広範囲にわたります。大半は比較的心配の要らない原因ですが、高齢者だと癌 (がん)、子供だと先天性尿路奇形の可能性もあり、慎重な検査が必要になってきます。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 木曜日, 1 9月 2005

もっと読む

第97回 乳がん(Breast cancer)

乳がんはアメリカ人女性に多い悪性腫瘍ですが、日本人女性でも1996年に罹患率第1位の悪性腫瘍になりました。日本人女性の20人に1人が乳がんになるとも言われています。毎年4万人以上の日本人女性が乳がんになり、1万人以上が乳がんで死亡しています。乳がんは早期発見すればほとんど治癒できますので、早期発見、早期治療が望まれます。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 木曜日, 2 10月 2008

もっと読む

第76回 不眠症 (Insomina)

不眠症の人はアメリカで6000万人いると言われています。1か月以上不眠が続く慢性不眠症の人も人口の1割程度といると推定されていますが、それほど不眠症は一般的な病気です。不眠症は年齢が上がるに従って増え、高齢者の多くが不眠症に悩まされています。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 水曜日, 24 1月 2007

もっと読む

第71回 無月経 (Amenorrhea)

無月経は、原発性無月経と続発性無月経に区別されますが、原発性無月経は16才まで初潮が起こらない場合。続発性無月経は、初潮は普通に起こっているのに、その後、3~6カ月以上月経が停止してしまった状態をいいます。今回は、この続発性無月経症について説明します

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 木曜日, 1 6月 2006

もっと読む

第103回 胃食道逆流症(Gastroesophageal reflux disease= GERD)

胃食道逆流症は、胃酸を含む胃の内容物が食道に逆流することによって起こる病気ですが、胸やけ以外にも多くの症状を起こし、最近では喘息 (ぜんそく) や慢性の咳の原因としても理解されています。  

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 日曜日, 29 3月 2009

もっと読む

第24回 急性中耳炎 (Acute Otitis Media)

症状:耳の痛み、発熱、嘔吐 2才のKちゃんは3日前から鼻水と軽い咳がありましたが、比較的元気でした。昨日から38度台の熱が出始め、2度吐いたので、心配した両親がKちゃんを近くの救急室に連れて行きました。急性中耳炎と診断され10日分の抗生物質を処方されて帰宅しましたが、熱はその後も下がりませんでした。 急性中耳炎は、アメリカではまず小児科医、家庭医などのプライマリケア医が診断します。乳幼児が泣いて鼓膜が充血したり、耳鏡の明かりが十分でない場合や、耳垢塞栓症で耳垢が赤茶色の時、鼓膜が発赤しているように見える時があります。いずれの場合もより注意を払えばわかることですが、忙しい救急室などでは中耳炎に間違われることがあります。

気になる症状 | Ildong Kim | 水曜日, 20 10月 2004

もっと読む

MORE_IN: 医療相談室, 気になる症状, アメリカ医学生の体験談, アメリカ健康ノート, 診察室, Medical Student Life

100%
-
+
3
Show options
Move
Display 0 | 5 | 10 | 15 Stories

医学教育

Topics
Top Story

死体解剖

死体解剖

今週は、とてもたくさんの事について、勉強しました。医学を学ぶことは、よく、「消火用ホースから、水を飲むことのようだ」と言われています。今までは、その意味が良くわかりませんでしたが、医大で勉強を始めて、新しい情報がどんどん出てくるので、ちょっとその意味を理解できるようになった気がしました。...

US Medical School: Timeline

Outline of US Medical Education First, a quick summary. Total time from high school graduation to residency completion: 4 years college + 4 years medical school + 3-5 years residency = 11-13 year...

医学選択科目

UCSFには、必修科目に加えて、医学と芸術、ホームレス健康問題、黒人健康管理の格差、小児科問題、中国語医学用語など、いろいろな選択科目があります。 私は、「アジア人の健康と医学」と「クリエイティブ(創造的な)ライティング」の2つの選択科目をとることにしました。今日は、「クリエイティブ(創造的な)ライティング」の授業について、書きたいと思います。 ...

新入生向けのオリエンテーション

...

医大に入る前

はじめまして。ジェイといいます。私は日本で二年間過ごしたので、日本語が話せるようになりました。うまくはないけれど、頑張って、日本語でこの記事を書いてみます。 ...

中間試験

Preceptorship: Learning in the Community Setting

Introuduction: An American Medical Student

Blocks: An Integrated Approach to Learning Medicine

Intensive Care Unit

集中治療室

轢かれた

Move
Display 0 | 5 | 10 | 15 Stories

医療室

Topics
Top Story

その3 エッチドクター? =思春期医療=

その3 エッチドクター? =思春期医療=

アメリカでは思春期医療というのが、小児科の中で独立した領域として存在します。従って、小児科の研修を受ける人は、思春期医療の研修も行います。避妊の仕方や、ドラッグの体に対する悪影響、思春期特有の問題について研修をします。特にアメリカではドラッグに手を出す高校生が3割以上いるので、ドラッグに関する知識は小児科医としては必須です。...