第102回 自己免疫疾患(Autoimmune Diseases)

自己免疫疾患という言葉を聞く機会が最近増えているのではないかと思いますが、自己免疫疾患に含まれる病気は、今では

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 日曜日, 29 3月 2009

もっと読む

第3回 健康保険の話

サンディエゴの地元日系紙「ゆうゆう」の2000年7月1日号に掲載。改訂を予定していますので今しばらくお待ちください。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 水曜日, 15 9月 2004

もっと読む

第101回 大人の予防接種(Adult immunization)

予防接種は子供のためのもの――と考えている人はいませんか?    予防接種が感染症予防に効果があるのは長い間認められてきました。それは子供だけでなく大人に対しても同じです。最近、子供に特有だと思われていた麻疹 (はしか) や百日咳が日本で大学生の間に流行 (はや) って、社会問題になったのはまだ記憶に新しいですが、それはアメリカでも同様で、約20年前に大学生の間で麻疹が流行し、多くの死者が出ました。その後、麻疹の予防接種が2回になりましたが、日本でも最近、麻疹は2回受けることになっています。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 日曜日, 29 3月 2009

もっと読む

第105回 良性発作性頭位性めまい(Benign paroxysmal positional vertigo = BPPV)

   くるくる自分や周りが回わるめまいを回転性めまいと言いますが、この回転性めまいのうち、最も多い原因の一つが今回説明する良性発作性頭位めまい(BPPV)です。BPPV は頭の位置の変化によっておこるめまいで、聴力を失ったりするような重症のめまいではありませんが、何度も再発することがあるなかなかやっかいなめまいなのです。  

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 月曜日, 24 5月 2010

もっと読む

第115回 アメリカの医師 (Physicians in the United States)

   アメリカでは、医師は一般的に Doctor と呼ばれていますが、職業的には Physician という言葉を使います。Physician は医師全体を表しますが、狭義的に内科医だけを指す場合があります。その場合、外科系の医師を Surgeon として区別します。ただし、内科医を指す言葉として Internist があるので、Physician が内科医として使われる場合はごく限られています。    

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 月曜日, 24 5月 2010

もっと読む

その3 エッチドクター? =思春期医療=

アメリカでは思春期医療というのが、小児科の中で独立した領域として存在します。従って、小児科の研修を受ける人は、思春期医療の研修も行います。避妊の仕方や、ドラッグの体に対する悪影響、思春期特有の問題について研修をします。特にアメリカではドラッグに手を出す高校生が3割以上いるので、ドラッグに関する知識は小児科医としては必須です。

診察室 | Ildong Kim | 日曜日, 12 9月 2004

もっと読む

第43回 たばこの害

禁煙のすすめ―― 喫煙は薬物中毒という認識の必要性 肩身が狭くなる喫煙者  カリフォルニア州は他州に先駆けて公共の場での禁煙を行ないましたが、現在アメリカでは、喫煙のできる公共の場がどんどん少なくなってきています。それは日本でも同じで、禁煙宣言する病院や公共施設が増えてきています。数年前まで、飛行機に喫煙席があったのがウソのようです。アメリカでは喫煙率は1965年の42.4%から2001年の22.8%に落ちてきましたが、日本でも同様の傾向です。日本人男性の喫煙率は依然として先進国中のトップですが、1997年の52.7%から2001年の45.9%と減少傾向にあります。女性の方は10%の横ばいですが、先進国中最低の喫煙率です。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 金曜日, 1 10月 2004

もっと読む

第59回 注意欠陥多動性障害(ADHD) その2

前回はADHDの原因、症状、診断について説明をしました。今回は、ADHDに伴いやすい障害・疾患と治療に焦点を当てて解説をします。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | TUSEDAY, 7 6月 2005

もっと読む

その10 家族のように思って治療を =これが良いドクターの条件?=

私は小児科医でもあり、内科医でもあるので、家族が病気になると私がまず診ます。妻と娘2人ですが、普段患者さんに優しく接する私も、相手が妻や娘になると、少々ぞんざいな言葉を使ってしまします。「こっちへおいで。」とか「早く、ここで横になって。」といった具合です。そして、簡単な採血に失敗し、妻にも娘達にも冷たい目で見られたことがあります。これは、家族が相手だから、無意識の内に過剰な情が入ってしまい、その結果、望まない方向に行ってしまったからでしょう。普段は採血が得意の私ですが、それ以降家族の採血は看護師さんにやってもらうことにしています。

診察室 | Ildong Kim | 木曜日, 1 6月 2006

もっと読む

第42回 憩室炎 (Diverticulitis)

症状:腹痛、発熱、吐き気、嘔吐 45才のKさんは、突然左の下腹部が痛みだし、吐き気もあったので救急室に行きました。急性胃腸炎と診断されて、薬を出されて帰宅しましたが、翌日には更に痛みが増し、熱も出てきたので、再度救急室に行きました。今度は、腹部CT(コンピューター断層撮影)が行なわれ、急性憩室炎と診断されました。

気になる症状 | Ildong Kim | 水曜日, 24 1月 2007

もっと読む

第5回 肛門周囲膿瘍(perianal abscess)

質問:生後10ヶ月の赤ちゃんが肛門周囲膿瘍と診断されたのですが、肛門周囲膿瘍とはどんな病気ですか?

医療相談室 | Ildong Kim | 日曜日, 3 4月 2005

もっと読む

第74回 脆弱X症候群 (FXS=Fragile X syndrome)

性染色体にはX染色体とY染色体があり、一般的に男性はXYで、女性はYYという組み合わせになっています。今回は、X染色体を構成するある1遺伝子が脆弱(ぜいじゃく)になって起こる、脆弱X症候群という遺伝的疾患について説明します。脆弱X症候群は比較的頻度の高い精神遅滞を起こす病気にも関わらず、一般的にはあまり知られていません。もし、家族や近い親戚に精神遅滞の人が何人もいると、それは、脆弱X症候群によるものかもしれません。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 水曜日, 24 1月 2007

もっと読む

第51回 幽門狭窄症 (Pyloric stenosis)

症状:噴水状の嘔吐、脱水     Sちゃんは生後3週間の男の子ですが、お母さんが授乳する度に噴水のように吐くようになりました。吐いた後も、お腹がすいているらしく、無償におっぱいを欲しがります。数日して元気がなくなってきたので、Sちゃんは救急室に連れて行かれ、検査の結果、幽門狭窄症という診断で、丸2日点滴を受けた後手術を受けることになりました。

気になる症状 | Ildong Kim | 土曜日, 28 4月 2007

もっと読む

第85回 腹痛 (Abdominal pain)

腹痛は、腹部に感じる痛みのことですが、腹部には腹痛の原因になるいろいろな臓器が存在します。胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆のう、胆管、膵臓、脾臓、腎臓、尿管、膀胱、大動脈、腹膜、腹壁などです。腹痛の原因は、消化器系の病気、腎臓尿路系の病気、大動脈など血管系の病気、婦人科系あるいは男性性器に関する病気、腹部の筋肉や皮膚などの腹壁の病気などがあります。従がって単に腹痛と言っても可能性のある病気は極めて広範囲のものになります。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 木曜日, 25 10月 2007

もっと読む

第92回 心肺蘇生術 =大人編= (Cardiopulmonary Resuscitation = CPR)

突然死のうち、心臓突然死(sudden cardiac death = SCD)の割合が、アメリカでも日本でも約半数を占めます。アメリカでは年間約25万人の人が、日本では約5万人の人がこの心臓突然死で亡くなられています。この半数以上の人が、CPR (心肺蘇生術)や除細動を、心停止してすぐ開始すれば救命できるのではないかと考えられています。多くの市民がCPRの仕方を知ることと、AED(Automated External Defibrillator 自動体外式除細動器)がどこでも利用できることが、心臓突然死の救命に非常に重要だということが、日米を始め、世界的にも認識されるようになってきました。今回は、2005年に改訂された米国心臓協会のCPRプロトコールに沿って、CPRのやり方を説明します。

アメリカ健康ノート | Ildong Kim | 木曜日, 2 10月 2008

もっと読む

MORE_IN: 医療相談室, 気になる症状, アメリカ医学生の体験談, アメリカ健康ノート, 診察室, Medical Student Life

100%
-
+
3
Show options
Move
Display 0 | 5 | 10 | 15 Stories

医学教育

Topics
Top Story

死体解剖

死体解剖

今週は、とてもたくさんの事について、勉強しました。医学を学ぶことは、よく、「消火用ホースから、水を飲むことのようだ」と言われています。今までは、その意味が良くわかりませんでしたが、医大で勉強を始めて、新しい情報がどんどん出てくるので、ちょっとその意味を理解できるようになった気がしました。...

US Medical School: Timeline

Outline of US Medical Education First, a quick summary. Total time from high school graduation to residency completion: 4 years college + 4 years medical school + 3-5 years residency = 11-13 year...

医学選択科目

UCSFには、必修科目に加えて、医学と芸術、ホームレス健康問題、黒人健康管理の格差、小児科問題、中国語医学用語など、いろいろな選択科目があります。 私は、「アジア人の健康と医学」と「クリエイティブ(創造的な)ライティング」の2つの選択科目をとることにしました。今日は、「クリエイティブ(創造的な)ライティング」の授業について、書きたいと思います。 ...

新入生向けのオリエンテーション

...

医大に入る前

はじめまして。ジェイといいます。私は日本で二年間過ごしたので、日本語が話せるようになりました。うまくはないけれど、頑張って、日本語でこの記事を書いてみます。 ...

中間試験

Preceptorship: Learning in the Community Setting

Introuduction: An American Medical Student

Blocks: An Integrated Approach to Learning Medicine

Intensive Care Unit

集中治療室

轢かれた

Move
Display 0 | 5 | 10 | 15 Stories

医療室

Topics
Top Story

その3 エッチドクター? =思春期医療=

その3 エッチドクター? =思春期医療=

アメリカでは思春期医療というのが、小児科の中で独立した領域として存在します。従って、小児科の研修を受ける人は、思春期医療の研修も行います。避妊の仕方や、ドラッグの体に対する悪影響、思春期特有の問題について研修をします。特にアメリカではドラッグに手を出す高校生が3割以上いるので、ドラッグに関する知識は小児科医としては必須です。...